〇会社経営者の方

国が推奨する経営力向上計画に認定される事で
経営に有利な国の支援策が受けられます。

(中小企業等経営強化法)
経営力向上計画はA4 2枚で国の認定が受けられます

〇公認会計士、税理士、弁護士、中小企業診断士以外の
士業、
コンサルタントの方

既存・新規の顧客に3件以上の経営力向上計画策定支援で
経営革新等支援機関に申請可能となります。

勉強会では以下を目指します。

金融・税制・補助金支援を受けたい社長と
経営革新等支援等支援を最短で目指す士業
コンサルタントに最適な勉強会です

・会社経営者(個人事業主含む)の方

自社の経営力向上計画を策定する事で自社の課題や目標設定が
明確となり気づきや社員との共有で行動に出て経営力が向上します。

認定されると以下の国の支援策が利用可能となります。

1.生産性を高めるための設備を取得した場合、固定資産税が
3年間1/2に軽減される

2.法人税について、即時償却または取得価額の10%の税額控除が
選択適用できる

3.日本政策金融公庫において、設備投資に必要な資金については、
基準金利から0.9%引き下げられる

4.信用保証協会の保証枠が倍額に拡大される

5.「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」の
審査において加点項目となる

6.「小規模事業者持続化補助金」の審査において加点項目となる

・士業、コンサルタントの方

事務所の「経営力向上計画」を策定・認定後,既存・新規の顧問先に
3件以上支援することで経営革新等支援機関に申請可能となります。

経営力向上計画はA4 2枚で完成!

*経営力向上計画は、補助金の様に採択数が決まって
いるわけではありませんので、認定は容易。

勉強会では、その日の内に7割方完成を目指します。

【認定支援機関が関与できる主な中小企業支援策】

1.早期経営改善計画策定支援

2/3の補助金を(上限20万円)使って早期経営改善計画策定に関与できます。

その内容は
①ビジネスモデル俯瞰図
②損益計画
③資金実績・計画表
④アクションプラン
です。

(例)認定支援機関収入 30万円
【内訳:事業者負担10万円、補助金20万円】

2.補助金申請支援

・ものづくり・サービス補助金
・事業承継補助金
など

これらは認定支援機関の確認・承認がないと申請が出来ない補助金です。
申請の支援を有料で関与できます。

3.先端設備等導入計画策定支援
(生産性向上特別措置法 2018年6月施行)

4.日本政策金融公庫での有利な融資

中小企業経営力強化資金 等 認定支援機関の助言がある場合
事業者が有利な条件で融資を受けられます。

つまり、認定支援機関が独占的に使える経営支援策が複数あるのです。

〇通常、認定支援機関に認定される方法は?

・公認会計士、税理士、弁護士・中小企業診断士の有資格者。
・中小企業大学校へ通って、所定の研修を受け試験に合格する。
・経営革新計画の策定支援実績3件以上
・経営力向上計画の支援実績3件以上

上から順にハードルが下がります。

勉強会では、一番ハードルの低い経営力向上計画
(A4 2毎で完成)を、策定する勉強会をします。

先ずは,自社の経営力向上計画の認定を取って
正当性」を勝ち取り、既存・新規の見込み客に
支援をしましょう。

〇経営力向上計画策定勉強会について

日時:2018年10月27日(土) 13:00 – 17:30
場所:〒100-0014 東京都千代田区永田町2-4-3 永田町ビル8F
ヒューマンライツ株式会社 セミナールーム
詳しい地図はこちら
https://www.hrgroup.jp/tokyo/access/

〇講座の内容

13:00-15:30 講師による経営力向上計画の説明と各自作成
15:45-16:15 認定支援機関申請の説明
16:15-17:30 認定後の営業のじょうごグループワークと発表
17:30~延長戦(懇親会)

持ち物:筆記用具、パソコン

〇対象となる方
①公認会計士・税理士・弁護士・中小企業診断士以外の
士業・コンサルタントで事務所(法人・個人)を開設されている方。

または直近で開業する事が明確な方。

② 会社経営者(個人事業主含む)の方。

〇申し込み方法
●下記専用サイトからお申し込みください。
https://kokucheese.com/event/index/536917/

〇申込締切

10月23日 18:00まで

〇定員
15名
(定員に達し次第締め切ります)

〇講座の費用

★士業・コンサルタントの方のメリット

税理士以外の士業やコンサルタントが、認定支援機関になるためには、
中小企業大学校で4回コース(1コース・30時間×4回=17日間・120時間)
の理論研修と2日間の実戦研修を受講する必要があります。

合計19日間、125,000円の費用がかかります。
且つ2回試験もあり、その試験代は10,000円です。
首都圏在住の方でも交通費含め、およそ160,000円位は必要です。

★一般の事業会社の経営者の方のメリット

個別で経営力向上計画の策定支援した場合、1社当たり
1時間3万円頂いています。

通常3時間程度かかるので、90,000円となります。

今回は1対多の勉強会方式で経費と資料代のみの
30,000円(税込み)
で参加出来ます。

【早割り特典】

10月12日(金)17:59までに専用サイトから
申し込まれた本氣の方のみ

15,000円(税込み)で参加出来ます。
それ以降は30,000円(税込み)となります。

〇費用のお支払い方法

事前振込制となっています。

参加申し込み後に Emailにて振込先を送付します。

(領収書は発行しません。金融機関の振込明細書に代えさせて頂きます。)
お振込みが確認され次第、事前学習を兼ねた当日の資料をemailで送信します。

〇キャンセルポリシー

当方の理由による未開催、災害・交通機関の大幅な乱れ等で
開催・移動不能なった以外に、入金後の返金は致しません。

講座で使用する資料は、全てメールにて事前にお渡しします。

また、その後、ご希望の方にはzoomにて
60分のフォローセッションを致します。

(やむを得ず欠席された場合、次回開催がある場合に限り、
そちらに参加可能です)

〇講師

丸山未来経営研究所
経営革新等支援機関(関財金1第587号)
丸山 一樹

○注

経営力向上計画及び経営革新等支援機関の認定は、
国の機関が審査しますので認定をお約束する講座ではありません。

あくまでも自己努力と責任で、チャレンジして頂きます。

そのような主体性のある方に全力で支援致します。

〇申し込み方法

●下記専用サイトからお申し込みください。
https://kokucheese.com/event/index/536917/

 

https://kokucheese.com/event/index/536917/

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経営革新等認定機関) 所長・非特定営利法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長に「ビジョン」の言語化と「キャッシュフロー経営」を用いて実現を後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。