丸山未来経営研究所 代表

キャッシュフローコーチⓇの丸山一樹です。

業種・業態関係なく従業員30名以下の

中小企業の経営者の電話によるお困り事解決相談サービスを

開設致しました。

一般社団法人 日本キャッシュフローコーチ協会のノウハウである

ビジョナリーコーチング」による安心・安全・ポジティブなコーチングです。

経営コンサルタントを顧問契約するには至らないが、

常に喉に刺さった魚の骨のような「お困り事TOP1」に

絞って課題解決されたい方にはピッタリなサービスです。

経営お困り事 電話コーチングの概要

① お申込み頂くと、丸山から「最重要課題タイトル」シートを送付します。

② 相談日時及び相談タイトルを決めます。

③ 電話かスカイプ(推奨)により30分のコーチングスタート。

④ 丸山のナビゲートで最重要課題に対して、シートに基づき質問をします。

⑤ 相談者は様々な角度から質問される事により、真の課題と解決策を自ら気づきます。

⑥ 基本丸山はアドバイスは殆どしません
相談者が自ら解決策に気づいて頂く事を目的とします。

⑦ 30分後に次回の打ち合わせ日時を決めます。

電話コーチングお申込み方法と費用

① 1クール 3ケ月(30分×3セッション、90分)とし継続も可です。

② 本画面右上の「お問合せ」ボタンからお名前・会社名と
「電話コーチング希望」とお書きの上、申込下さい。

電話コーチングの進め方・課題タイトルシート・振込先等を送付致します。

③ 費用1セッション  10,000円(税込み)です。

1クール3ケ月分 30,000円を指定口座にお振込み後

(振込手数料はご負担下さい)コーチング開始となります。

 

電話コーチングによる3ヶ月後の目指す姿

あなたの課題に対して、解決策を自ら気づいて頂き

解決に向かって行動に移してもらいます。

行動した結果についても、お聞きして解決に向かっているかの

ナビゲートを行い成果を出してもらいます。

 

 

 

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経営革新等認定機関) 所長・非特定営利法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長に「ビジョン」の言語化と「キャッシュフロー経営」を用いて実現を後押しする。 社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。