アベノミクスは未だ道半ばといった所ですが

 

新しい施策が始まりました。

 

あなたの会社の強味を見直し、政府の認定を取って

 

利益を増やしましょう!

 

客数と客単価をアップさせる切り札

 

今国内に訪れる外国人は約1,200万人です。

 

この数字は、年々増加傾向のようです。

 

円安という追い風もあるのでしょうが、

 

元々日本が持っているポテンシャルって

 

外国人から見たら魅力的なのでしょうね。

 

日本国中何処へ行っても、安全が確保され

 

交通機関は正確。 人は親切で食べ物は美味しい。

 

政府が試算するインバウンドは2020年に

 

なんと4,000万人だそうです。

 

これは脅威的な数値です。

 

最近、大都市を中心にホテルの予約がとれないなんて

 

状態続いていますよね。

 

これが現状の4倍近くになるとどうなるのでしょうか?

 

最近「民泊」なんて新しいサービスが生まれましたね。

 

このインバウンドを上手く活用出来るか、出来ないかで

 

もしかしたらチャンスを掴めるか、逃してしまうかの

 

分かれ道になるかもしれません。

 

客数をアップするおもてなし規格認証って?

 

政府も経済産業省を中心に、効率的にインバウンドに

 

お金を使ってもらい、再びリピーターになってもらう事を

 

必至に考えているようです。

 

その中の一つが「おもてなし規格認証」です。

 

これはサービス業を中心に、サービス品質の

 

「見える化」をするそうです。

 

どういう事かと言いますと、

 

政府が専用サイトを既に開設していて、

 

そこにある一定の基準をクリアしているか、

 

自己申告するのです。

 

クリアすれば、4つの認証のどれかが頂けます。

 

認定証とステッカーがゲットできます。

 

4つとは

 

紅認証、金認証、紺認証、柴認証とだんだん

 

ステータスが上ります。

 

(冒頭の写真が紅認証です)

 

当然、そのステータスに自社のサービス内容が

 

クリアしていなければなりません。

 

(イメージは最下段の図を見て下さいね)

 

安倍首相の指示で2020年までに30万件の登録を

 

目指すそうです。(現在1万件)

 

活用法は、認定ステッカーをお店や事務所の入り口に

 

貼る事で、見込み客からグレードの高いお店(会社)と

 

勝手に思われる。

 

政府もこの認定証の持つ意味を外国語で

 

ガイドをつくり発信するはずですから、

 

外国語が出来なくても、そのステッカーを見れば

 

一定の品質のサービスが受けられる事が事前に分かります。

 

HPやチラシ、ポップでアピールするのもいいですね。

 

要するに競合他社との「差別化」につながり、

 

客数と客単価がアップする事になりますよね。

 

そうする事で薄利多売から解放され

 

大きな粗利を稼ぐ起爆剤になるかもしれません。

 

まだまだ認知度が低いですが、今後マスコミが

 

取り上げ、広がる事でしょう。

 

外国人インバウンドだけがターゲットの様に書いて来ましたが

 

当然日本人同士の方が伝わりますよね。

 

おもてなし規格認証の登録方法は?

 

紅認証は簡単且つ、無料認定です。

 

金、紺、柴、は、審査機関に有償で審査してもらいます。

 

当然、紅よりグレードは高くなります。

 

サービス中心に紹介して来ましたが、

 

実はサービス業でなくても、殆どの業種で

 

登録可能です。

 

例えば、タクシー会社の地域貢献の内容とか、

 

製造業で素晴らしい技術を独自の観点で広めているとか、

 

「物」を「事」に置き換える発想みたいです。

 

客数と客単価をアップしよう!

 

今後加速する少子高齢化社会を迎え人口減少が

 

避けられない時代に突入します。

 

アベノミクスの本当目的は、そんな環境下でも

 

中小企業に稼ぐ力をつけてもらう事です。

 

補助金含め、これからも様々な施策を打って来るはずです。

 

あなたも是非チャレンジして、自社のサービスを見直し

 

政府認定をゲットし客数と客単価をアップさせましょう!

 

それは社長である、あなたの仕事です。

 

おもてなし規格認証のサイトは下記URLです。

https://www.service-design.jp/
☆本日の問いかけ☆

 

本業の発展のためにあなが意思決定する事は何ですか?

 

★一般社団法人キャッシュフローコーチ協会のオフィシャルサイトはこちら

(埼玉県をクリックすると丸山一樹がいます)

http://www.jcfca.com/

 

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経営革新等認定機関) 所長・非特定営利法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長に「ビジョン」の言語化と「キャッシュフロー経営」を用いて実現を後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。