キャッシュフローコーチ®丸山一樹が中小企業の社長のお金の悩みを解決

未来経営ブログ

  • HOME »
  • 未来経営ブログ

社長の出口戦略 「事業承継4っのマトリックス」

社長の平均年齢は60歳を超えました。 最多年齢帯は66歳です。 中小企業庁の社長向けアンケートでは、 65歳~70歳までには、引退を考えているようです。 その実態は国内127万社が承継者不在という状態です。 毎年廃業する …

判りやすい資金調達の考え方 「資金調達4つのマトリックス」

    国内の企業の約9割は、何らかの形で金融機関から 借入があると言われています。 その内の半数位は、金融機関に対し条件変更(リスケ)を しているのです。 設備投資資金・運転資金、どうしても資金調達 …

社長のお金の悩み!「お金の悩み 4つのマトリックス」

業種・業態、会社の業績に関わらず、どの社長にも共通した悩み。 それは「お金」の話です。 実は「儲かっている、儲かっていない」の 二者択一の話ではなくもっと奥が深いんですね。 お金の悩みを分解して、あなたにあった悩みの 解 …

第2回中小企業大学校へ行かずに経営革新等支援機関になる講座

  残席5名となりました。 間もなく受付終了です!   公認会計士、税理士、弁護士以外の士業・コンサルタント必見! 中小企業大学校へ行かずに1日で 「経営革新等支援機関」に認定される講座を開催します。 …

担保・社長の保証が要らない 5つの融資制度

「設備投資の資金を借りたいのですが、出来れば保証人には入りたくない。 何かいい方法はありませんか?」 「ウチなんて担保に差し出す物件なんてないんです。それで融資は 受けられるでしょうか?」 こんな相談を受ける事があります …

社員は会計を学ぶ前に家計を学べ! 7つのブロックパズル

  営業マンが頼まれてもいないのに勝手に値引きをしてしまう。 昼間からお客の所に行かずにパソコンとにらめっこ。 会社の経費は使い放題だと思っている社員 こんなノホホン社員にお困り事がある社長さんって多いですよね …

会社の収支構造 6つのパターン あなたの会社はどの構造?

決算書を見て、黒字か赤字の物差ししか会社の数字を把握できない。 黒字でも、常に会社にお金が残っておらず、 経理の奥さんの顔を伺いながら経営をしている。 社員に会社の現状を理解してもらいたいが、 経営数字をどう公開していい …

7つのブロックで社長と社員が1番増やしたいのは?

なぜ、会社の業績が思い描く数字を達成出来ないのか? 社員に給料で還元して、利益も増やすやり方はないのか? いつになったら銀行の返済が完済するのか? 昼間からパソコンとにらめっこのノホホン社員が 3人分の粗利を稼いでくれる …

会社のお金を蝕む在庫(罪子)の2つの正体と1つの解決策

材料や部品、商品そのものを仕入れて事業を 行っている経営者の悩みの一つが在庫です。   売れるだけ仕入れて、在庫を残さない仕組みを お持ちの方は良いのですが、殆どの方は 売れ残り、不良による廃却のお困り事を 抱 …

ドンブリ社長の口癖「売上アップ」3つの落とし穴

ドンブリ経営の社長のお困り事は何でしょうか? それは次の3つに集約されます。 1.会社のお金の流れが見渡せず常にモヤモヤ感がある 2.社長と社員の危機感のズレから来るストレス 3.次への奮い立つビジョンが描けず社長も社員 …

第1期スモールM&Aアドバイザー養成集中講座

65年の歴史を持つ非特定営利活動法人 日本経営士協会と 中小企業を対象とした小規模M&Aを数々手掛けてきた 株式会社つながりバンクとのコラボで実現した、 中小企業を対象とした「スモールM&Aアドバイザー」養成講座が開催さ …

最大200万円の国の補助が出る 経営改善計画策定支援

最大200万円の国の補助が出る 経営改善計画策定支援事業とは? 資金繰りが厳しい中小企業の経営者が国を補助を受けられます。 中小企業事業者が金融機関へ借入条件変更(リスケジューリング等) を申し入れる場合、経営改善計画書 …

新技術、新製品等の研究開発に対する300万円の助成金

国や地方公共団体だけでなく、民間にも助成金を出しているところはあります。 三菱UFJ技術育成財団は、技術指向型の中小企業の新技術、新製品等の研究開発に対する 助成金の交付事業を行っています。 それが、「研究開発助成金事業 …

経営不振の会社が融資をしてもらう5つの方法

一つの金融機関から「融資を断られたから、もう借りることはできない」と 諦める必要はありません。 昨年の事ですが、金融庁は、現在使用している「金融検査マニュアル」 を刷新して金融機関への検査・監督を抜本的に見直すことにしま …

1 2 3 23 »
PAGETOP
Copyright © 丸山未来経営研究所 All Rights Reserved.