平成28年度年度補正予算

「サービス等生産性向上IT導入支援事業」が公募中です。

2月28日申請締め切りなので、

 

取り掛かっていないと締切に間に合わないですね。

 

でも、ご安心ください。

 

ITフェアで自分にピッタリの補助金を発掘しよう!

公募要領には「2次公募も別途あり」と書いてありますので、

今春以降に 公開されると思います。

しかし、申請方法をHPから確認すると少し難しさがあります。

一応、地域や導入したいサービスを選んでクリックすると、

経済産業省が事前に認定したITベンダーが 沢山出てきます。

それを見ても正直イメージが付かず、

次への行動が取れない気がしていました。

そこで、予測していた事が起きました!

それは本補助金を理解してもらうイベントが開催されます。
まず現在公募中の補助金概要を説明します。

〇補助金名

「サービス等生産性向上IT導入支援事業」(管轄:経済産業省)

〇導入ITツール事例

予約、決裁、顧客管理、原価・業務管理、財務会計管理、受発注 等

〇補助率/上限

導入費の2/3 上限100万円

つまり、150万円のITツールが、50万円で導入できる計算となります。

〇条件

労働生産性が本事業の実施によって3年後の伸び率1%以上、

4年後 1.5%以上、5年後 2%以上の生産性向上を目標とした計画を設定する事。

*労働生産性=粗利益/(従業員数×一人当たり勤務時間【年平均】)

本補助金の公募要領申請書は下記サイトをご参照ください。

https://www.it-hojo.jp/

 

★プラスITフェアの概要

3月3日東京をスタートし各都市1回のみのIT導入に関する

イベントを行うようです。(参加無料)

・IT導入事例のパネルディスカッション

・よくわかる目的別ITツール紹介

・IT導入補助金説明会

・ITツール展示会

この内容ならIT導入から補助金申請までワンストップで判断出来そうですね。

ITフェアの詳細は下記URLで!

http://mail.mirasapo.jp/c/beeNajlamr6uq2ab

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経営革新等認定機関) 所長・非特定営利法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長に「ビジョン」の言語化と「キャッシュフロー経営」を用いて実現を後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。