キャッシュフローコーチⓇの丸山一樹です。

今回は、キャッシュフローコーチⓇの持つノウハウ
「お金のブロックパズル」から目的別に銀行口座を5っ作るお話をします。

これは、マイク・ミカロウイッツ氏の著書
「PROFIT FIRST」~お金を増やす技術~で紹介されている事を
参考にお金のブロックパズルと掛け合わせてみました。

お金を目的別に銀行口座に自動的且つ強制的に振り分ける事で
資金ショートを防ぎ、会社のお金がガラス張りとなり、
利益を上げることにフォーカスするマインドセットが整います。

 

会社のお金は目的別に銀行口座に振り分ける

「PROFIT FIRST」を読み終え衝撃を覚えました。
なぜならば、私自身がこれを実践出来ていなかったからです。

潜在的に必要性を感じていましたが、切り口が思い浮かばず、
放置していたところに、この「PROFIT FIRST」と出会い
スッキリ雲が晴れたようになり、早速実践しました。

キャッシュフローコーチⓇの十八番「お金のブロックパズル」を
使ってその手法を解説します。

上の図をご覧ください。

先ず売上入金専用の口座を決めます。
普通、ここから支払い、税金まで一色単で運営してませんか?

それだと、資金の動きが見えなくなるのです。
特に法人税や消費税の支払いが来た時、慌てる事がないですか?

一つか二つの受け皿だけだと、塊が大きく見えます。
しかし、意外に会社にお金は残らないものです。

そのカラクリは、私の無料メルマガセミナー
会社のお金の流れが見渡せる「お金のブロックパズル」に譲りますので
興味ある方は、最下段のボタンから登録して学んでみて下さい。

本題に戻ります。

ですから、年に一度か二度の納税時期になると、
「納税する金額が足りない、または支払うと他の支払いが足りない」
事象が出てきたりします。

ではどうしたらいいでしょうか?

ひとつひとつ見ていきましょう。

運転資金と金庫資金を分ける

 

①売上入金専用口座
これはわかりやすいですね。
振込であれ現金であれ回収したお金はココにプールします。

 

②支払い専用口座
変動費(仕入れ等)、人件費やその他の運営経費。

売上入金口座で入金額に変動費(原価率)と固定費率を掛けて
この口座に振り替える。

図でいくと、100の入金があった場合、90をこの口座に
振り替えます。

残高は10となります。

③利益口座
売上に対して営業利益率を掛けて、この口座に振り替えます。
事例では、10%ですから10ですね。

④税金口座
ここからがミソです。
マイク・ミカロウイッツ氏はこの口座は普段取引がないとか、
遠方など、手を付けにくい銀行にしなさいと言ってます。

つまり安易に引き出せないような仕組みをとるのですね。
「税金はあなたのお金ではない。政府に支払うために一時的に預かっているだけだ」
とミカロウイッツ氏は力説しています。

利益口座から、税率を掛ければいいのです。
事例では、30%として、3ですね。

⑤繰越金口座
ミカロウイッツ氏は著書の中で「金庫口座」と言っています。
また、ネーミングはその人の自由だとも言ってます。

キャッシュフローコーチⓇ的には、翌期に繰越できるお金=自由に使えるお金
です。

ここは経営判断となります。
よく検討した上で、処分案を決める上で安易に使えないようにした方が
良いようです。

 

脱★完璧主義でOK!!

一見、面倒くさそうですよね。
実はそうでもありません。

キッチリやろうとすると折れそうになると思います。

そんな必要はありませんし、ミカロウイッツ氏も
そう言ってます。

ここはキャッシュフローコーチⓇとミカロウイッツ氏が
完全に一致しているとこです。

月2回位、通帳を見て、上記の「率」は過去の実績値+固めで
細かい端数は丸めてOKです。

「精密ではないが、遠からず」で全然OKです。

この仕組みが出来ていない事を考えれば、ものすごい進化ですよね。

銀行に5っの目的別口座を作る真骨頂

最後にここまで読まれて気づいたことはありますか?

そうです。

売上入金口座は、直ぐにカラになる事です。
それらは、仕入先への支払いや、社員の給料支払いに消えます。

そして来るべき税金にそなえたり、銀行への返済、万一の備えetc

売上至上主義ではなく「PROFIT FIRST」なんです。

そしてあなたは、売上入金口座に常にお金がない事を直視して、
更に売上を稼ぐアイデアを考えたり、行動にでたりします。

真骨頂はココにあると、「PROFIT FIRST」で
マイク・ミカロウイッツ氏は主張していると思いました。

 

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経営革新等認定機関) 所長・非特定営利法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長に「ビジョン」の言語化と「キャッシュフロー経営」を用いて実現を後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。