お金のブロックパズルを使って
会社のお金の流れを理解させる
社員向け働き方とお金の研修案内です。

これを理解する事で社員の会社のお金に対する考え方が変わります。

経営者感覚が身に付く社員向けお金の研修

社長が言うといやらしく聞こえてしまう「給料はどこから出ているのか?」
「会社のお金の流れはどうなっているのか?」と言うモヤモヤした
「お金の話」を社長に替わって外部の第三者である
キャッシュフローコーチⓇの丸山一樹が
客観的に解りやすく研修を行います。

難しい会計の研修では無く「お金のブロックパズル」を使って
社員にお金の流れをザックリ理解させる事が目的です。

会計を学ぶ前に家計をお金のブロックパズル
あてはめて社員の関心はいかに貯金を増やす事を解説します。

貯金を増やすためには、自分の収入を上げる、
それは働き方を変える事で実現するのを気づかせます。

研修の期待される成果と目標

社員に会社のお金の流れを視覚的に理解させる事により、
自分達の給料は「粗利」から来ている事と
粗利を3倍稼ぐマインド」を認識させます。

安易な値引きの恐ろしさ、たった1%の値上げによる
何倍も利益に効果がある事例を挙げて説明します。
これを行う事により社員に「経営者感覚」を見に付けさせます。

狙いは社員に「会社(顧客)は、自分の何を、どの位価値を
感じているため取替不能な存在になっている」

これを言語化するワークを行います。

社員向けお金の授業風景

都内:E社にて

オープニング動画はこちら

 

https://www.facebook.com/masaki.tosaka/videos/1471097832969372/

E社様 経営者 O会長の声

*会社のお金の流れ(会計)を家計から学ぶ事で社員は分かり易かったと思います。
社員には難しい勉強をさせるつもりはありません。

「お金のブロックパズル」は会社のお金の流れを視覚的に理解でき、
いかに会社にはお金が残らないんだという事を社員に気づいてもらった。

「お金のブロックパズル」は全社員に見に付けさせるようにします。

 

研修の進め方

貴社に伺い一般社員向けにお金の勉強をします。
資料とホワイトボードを使い所要時間は約60分です。

私が一方的に話して終わりではなく、質問をし参加者同士
ディスカッション行い気づきを得る研修カリキュラムとなっています。

研修の問合せと費用

研修ご希望の方また、ご質問は画面右上「お問合せ」から
お名前、会社名、住所と「研修お金の授業 見積書希望」と
お書きの上、お問合せください。
折り返し見積書を送付させて頂きます。

基本料金は60,000円(税別・交通費、宿泊費別)となってます。

【応相談】

 

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経営革新等認定機関) 所長・非特定営利法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長に「ビジョン」の言語化と「キャッシュフロー経営」を用いて実現を後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。