夢とお金の両方を得る簡単で大事な事を
私の経験を交えてシリーズで紹介します。

 

 

パーソナルビジョンを描く

 

ビジョンとは一言で言うと未来において、

 

そう成りたい理想の状態をいいます。

 

会社であれば企業ビジョン、

 

社員の事であれば人事ビジョン、

 

また個人であればパーソナルビジョン。

 

未来の状態なので3年後、5年後、10年後、

 

法人であれ個人であれ、なりたい理想があると思います。

 

この理想の状態を更に一言で「」としましょう。

夢の実現のためにあなたはどんな目標を立てて、

 

一つずつその目標を乗り越えていくのでしょうか?

 

乗り越えた目標が多ければ多いほど、

 

また早ければ早いほど夢が実現する確率が高まります。

 

個人の場合、自分や家族に対して夢を

 

持っている人は多いと思います。

 

例えば、5年後に家族のために

 

庭付きのマイホームを建てる!

 

とか 子供を将来野球選手にさせたい!

 

など沢山ありますよね。

 

そういった事を考えるのも楽しいものです。

 

しかしここで問題があります。

 

それらの夢を紙に書いて目につく所に

 

貼っている人は意外と少ないのです。

 

そう在りたい姿は現実化する

紙に書いて貼っておくと、

 

その書いた事が実現する確率が

 

高い事をご存知でしょうか?

 

私の経験談を少しお話ししましょう。

 

私は会社員時代に社内の政争に

 

巻き込まれ転勤をした事があります。

 

私としては本意では無かったのですが、

 

断ると会社に居づらくなると判断し

 

受け容れました。

 

転勤する事で失うものもありますが、

 

新天地に行って得るものも

 

あるはずだと前向きに考え行動しました。

 

しかし自分の心の中では3年でキリをつけて、

 

帰って来たいと思ってました。

 

最初の1年が過ぎ新しい仕事や仲間にも慣れました。

 

しかし、やはりここは自分の居場所とは

 

違う何かを感じていました。

 

そして2年目の正月に初詣に行った時に

 

絵馬を買ったのですが、その絵馬の

 

裏のスペースに今年自分がそう在りたい

 

キーワードを3つ書いたのです。

 

その一つが「帰郷」でした。

 

早く住む場所含め、帰りたい気持ちから

 

そう書いたのです。

 

正月も過ぎ3月に入ったある時、

 

私を追いやった当時の責任者が

 

会社を去る事になりました。

 

そうこうしていると新しい責任者が

 

私の所にいきなり来て「戻って来て欲しい」

 

と話しがあり、二つ返事で承諾し無事

 

帰郷する事になったのです。

 

もう1つ書いたのは「健康」でした。

 

健康に問題があったわけではありませんが

 

健康体でいる事は公私共に一番大事なので

 

そう書きました。

 

その年に健康診を受けた時の事です、

 

まさかの再検査と診断されました。

 

どうも腸に異常があるようで再検査を受けた所、

 

大腸にポリープが見つかったのです。

 

ショックでした。

 

もしガン化していたらどうしよう?

 

しかもかなり大きいもので入院が必要と言われ、

 

入院する日まで落ち込んだ気持で一杯でした。

 

幸いにもポリープは正常で取ってしまえば、

 

何ら問題はありませんでした。

 

その時主治医が

 

「大腸ガンになったポリープでさえ

 

3割は検診で見つからない。

 

あなたは幸運でしたね」

 

と言った事が今でも忘れないです。

 

これ以外でも、書いた事が現実化した事例もあります。

 

単なる偶然なのか? 

 

必然をたまたま先に書いたのか?

 

私の解釈は紙と言う物体に書くと

 

それが何らかのエネルギーを持ち、

 

毎日それを見る事でそこからエネルギーを受け

 

潜在意識に擦り込まれ意識せずとも

 

自然と書いた事に向って脳が行動を

 

促しているのだと今では解釈してます。

 

意識していないので、それが現実化した時に

 

不思議な気持ちになるのです。

 

ご判断はあなたにお任せしますが、

 

一度夢やなりたい姿を紙に書いて

 

寝室やリビングに貼ってみて下さい。

 

お金も時間も掛かりません。

 

それだけで夢や理想の状態が現実化するなら、

 

何のリスクも無いですよね。

 

如何でしたでしょうか?

 

次回は私が経験したお金の話をご紹介します。

 

○今日の問い

 

あなたの夢は何ですか?

今回もお読み頂きありがとうございます。

○ご意見、ご質問受け付けています。

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経営革新等認定機関) 所長・非特定営利法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長に「ビジョン」の言語化と「キャッシュフロー経営」を用いて実現を後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。