○本シリーズは毎週月曜 金曜日に配信しています。

 

経営活動において、あなたの目指す姿は有りますか?

未来へ向けて従業員と奮い立つ様な

ビジョンを設定しましょう。

 

 

明確なビジョン(理想の状態)を掲げる。

 

あなたの理想の状態は何でしょうか?
3年後、5年後、10年後はどうなっていたいでしょうか?

 

理想の状態を言葉化し目に見える様に掲げると不思議に

 

それが現実化する事を知っていますか?

私も個人的な事ですが、「こうなりたい」と紙に書いて

 

寝室やリビングに貼っておいた事は殆ど現実として

 

目の前に現れました。      なぜでしょうか?

 

私も最初はわかりませんでした。 

 

紙に書いて目に見える場所に貼る事で、潜在意識にすり込まれ

 

脳が勝手にそうなる様に行動する結果だと思っていました。

 

それもあるかもしれません。

 

今の解釈は、「量子力学では世の中の物質は全てエネルギーを持っていて

 

動いている物体はより動こうとし、動かない物体はより動かかなくなる。

 

しかるに、理想の状態を紙に書いて目に見える場所に貼る事で

 

それ自身がエネルギーを持ち自分にエネルギーが与えられ、

 

理想の状態になるように潜在・顕在問わず行動を

 

促がされた結果現実化する。」です。

 

要するに言葉化するとそれ自体にエネルギーが生じ

力を持つ用になるのですね。

 

証明しましょう!

 

ここでメジャーリーガー イチローの小学6年生の時の作文を紹介しましょう。

 

「僕の夢」

 

僕の夢は、一流のプロ野球選手になることです。

 

そのためには、中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。

 

活躍できるようになるためには、練習が必要です。

 

僕は、3才の時から練習を始めています。

 

3才から7才までは半年くらいやっていましたが、

 

3年生の時から今までは、365日中、

 

360日は激しい練習をやっています。

 

だから、1週間中で友達と遊べる時間は5~6時間です。

 

そんなに練習をやっているのだから、

 

必ずプロ野球の選手になれると思います。

 

そして、中学、高校と活躍して、高校を卒業してから

 

プロに入団するつもりです。

 

そしてその球団は、中日ドラゴンズか、西部ライオンズです。

 

ドラフト入団で、契約金は1億円以上が目標です。

 

僕が自信のあるのは、投手か打撃です。

 

去年の夏、僕たちは全国大会に行きました。

 

そしてほとんどの投手を見てきましたが、

 

自分が大会NO.1投手と確信でき、打撃では、

 

県大会4試合のうち、ホームラン3本を打ちました。

 

そして、全体を通した打率は5割8分3厘でした。

 

このように、自分でも納得のいく成績でした。

 

そして僕たちは1年間、負け知らずで野球ができました。

 

だから、この調子でこれからもがんばります。

 

そして、僕が一流の選手になって試合に出られるようになったら、

 

お世話になった人に招待券を配って、応援してもらうのも夢の一つです。

 

とにかく一番大きな夢はプロ野球の選手になることです。

 

愛知県西春日井郡

とよなり小学校

6年2組 鈴木 一郎

 

 

とても小学6年生が書いた作文と思えませんね。

 

とてもエネルギーが溢れています。

 

ですからイチローは自分のビジョンを実現できたのですね。

 

如何でしたでしょうか?

 

次回は経営者のミッションの抱き方を

 

お送りしますのでお楽しみに!

 

今回もお読み頂きありがとうございます。

 

○ご意見、ご質問受け付けています。

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経営革新等認定機関) 所長・非特定営利法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長に「ビジョン」の言語化と「キャッシュフロー経営」を用いて実現を後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。