夢とお金の両方を得る簡単で大事な事を
私の経験を交えてシリーズで紹介します。

第2回目

 

明確な理想を描くとお金が増える

 

前回のブログであなたが在りたい姿を紙に書いて

 

貼り出しましょう。 と書きました。

 

今回はもう少し具体的な行動に迫ります。

心が折れそうになった時に

気づき実行した事

 

私は40歳前半で離婚を経験し、

 

その時所有していたマイホームも手放しました。

 

たとえ不動産でもよほど条件が良くないと

 

売却するとなると購入時の半額くらいになりますね。

 

私の場合、幸い残ったローンとほぼ同額で

 

売却したのでローンだけ残る「最悪」な

 

自体は免れました。

 

無事家が売れて引越し先も決まり

 

落ち着いた頃、残った資産は100万円位の

 

貯金のみと言う事でした。

 

この姿が良いのか悪いのか、

 

直ぐには判断できませんでしたが

 

たまたま見た新聞の記事で平均的な40歳代の

 

資産額は約1,000万円とあり愕然としました。

 

10倍もの差があり、そのギャップを

 

どう埋めるのか?

 

漠然と日々を送りました。

 

人間平均的な数値が示され、

 

そこに到達していないと

 

不安に思うのでしょうね。

 

でもそれが逆に良い結果を生む事になりました。

 

それは「目標」が出来たのですね。

 

当時の私は「10年後に1,000万円貯める」

 

事でした。

 

と言う事は、1,000万円-100万円=900万円

 

が現状の目標に対するギャップと言う事になります。

 

とすると年間90万円貯めれば到達するわけです。

 

それまで私は自分の資産の状態を

 

頭の中で分かっているレベルで

 

管理も戦略も何も無い

 

ドンブリサラリーマンでした。

 

そこで、通帳やら帳票をひっくり返して

 

現状の自分の資産をエクセルを

 

使って打ち込みました。

 

合計は約100万円。

 

そして横軸に10年分の枠を作り,

 

10年後の資産合計が1,000万円

 

になる様にしました。

 

その時点では絵に描いた餅ですが、

 

書くと楽しいと言う事に気づきました。

 

エクセル表上では、資産が確実に10年後には

 

10倍になるわけですから。

 

そこまでやると人間そうなろうと

 

知恵がでるものです。

 

仕事を頑張り、ムダな支出を減らし、

 

貯蓄は強制的に給与天引きにしました。

 

結果は、当初の目標を大幅に超える事が出来ました。

 

何と9年で1,600万円も貯める事が出来ました。

 

6年目位で1,000万円を超えてしまい、

 

そこから更に加速がついたのです。

 

ここから得た再現性のある戦略は、

 

①理想の状態を期限を決めて目標をたてる。

 

②そこから逆算思考で今からやる事の計画をたてる。

 

③着実に実行する。

 

④定期的に振り返る。

 

です。

 

この事をもう少し詳細にまとめた記事は

東洋経済オンラインにありますので

是非ご覧ください
http://toyokeizai.net/articles/-/95664
これは企業経営に置き替えても

 

同じ事が言えます。

 

その話しは次回します。

 

如何でしたでしょうか?

 

○今日の問い

 

あなたの今の人生の目標は何ですか?

 

今回もお読み頂きありがとうございます。

 

○ご意見、ご質問受け付けています。

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経営革新等認定機関) 所長・非特定営利法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長に「ビジョン」の言語化と「キャッシュフロー経営」を用いて実現を後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。