会社経営継続のために多額の資金が

必要になった時あなたならどうしますか?

 

中小企業の若い2代目社長が

 

初めて銀行融資を受けるまでの

 

道のりをストーリー仕立てで

 

毎週月・水・金曜日に公開します。

 

内容はフィクションで実在する話ではありません。

 

銀行が思わず融資したくなる社長の人物像とは?

静密金属加工会社を経営する2代目社長 三上隆(45歳)は

 

B信用金庫に3,000万円の融資を初めて申し入れ、

 

担当行員の努力もあり何とか融資実行を成功させ

 

且つ元請けA社からも、次期燃料電池用の

 

金属パーツの受注にも成功しました。

 

またB信用金庫1行だった銀行取引を

 

第2地銀のC銀行とも取引開始に成功しました。

 

両行に「事業計画書」の説明と月1回の進捗状況説明も

 

開始し良好な関係を構築する事が出来ました。

 

三上は銀行の悪口を言う社長仲間も知っています。

 

しかし銀行との付き合いの中で銀行が思わず

 

融資したくなる人物像がある事を確信した。

 

【解説】

ここまでの流れを「資金調達に強い」経営士 丸山が解説をします。

 

◎銀行が思わず融資したくなる社長の人物像はあります。

 

ポイントを絞って説明します。

 

自社の経営数字を把握している社長。

 

 難しい会計学の知識は必要ありませんし、胸ポケットから

 

 メモを取り出し、簡単な経営数字を話せるレベルでokです。

 

 「先月の売上はどの位でしたか?」と聞かれ

 

まぁまぁです~」と答えるドンブリ社長は

 

融資にダメージを与えます。

 

経営に対する情熱を語れる

 

 本業に対する想いが伝わります。

 

 「この社長なら少々経営が悪くなっても挽回するはず。」

 

 つまり「返済に問題なし」のイメージを銀行側が持ちます。

 

事業計画書と月次実績を毎月報告する。

 

 これが出来れば完璧です。

 

 殆どの中小企業はこの活動をしていません。

 

 逆に言うと、この活動をすればあなたの会社は

 

 群を抜いて地域NO1企業になるのも夢ではありません。

 

 専門家の力を借りれば、そんなにパワーを掛けなくても

 

 その地位は確率できます。

 

○今日の問い

 

あなたは取引銀行が思わず融資したくなる人物像でいますか?

 

今回もお読み頂きありがとうございます。

 

○ご意見、ご質問受け付けています。

 

日本キャッシュフローコーチ協会のオフィシャルサイトはこちら

「資金調達に強い」丸山は登録NO.122です

http://www.jcfca.com/

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経営革新等認定機関) 所長・非特定営利法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長に「ビジョン」の言語化と「キャッシュフロー経営」を用いて実現を後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。