会社経営継続のために多額の資金が

必要になった時あなたならどうしますか?

 

中小企業の若い2代目社長が

 

初めて銀行融資を受けるまでの

 

道のりをストーリー仕立てで

 

毎週月・水・金曜日に公開してきました。

 

*今回で最終回となります。ご参考になりましたでしょうか?

 

資金繰りの悩みから解放され本業にアクセルを踏み込む

 

静密金属加工会社を経営する2代目社長 三上隆(45歳)は

 

B信用金庫に3,000万円の融資を初めて申し入れ、

 

担当行員の努力もあり何とか融資実行を成功させ

 

且つ元請けA社からも、次期燃料電池用の

 

金属パーツの受注にも成功しました。

 

またB信用金庫1行だった銀行取引を

 

第2地銀のC銀行とも取引開始に成功しました。

 

両行に「事業計画書」の説明と月1回の進捗状況説明も

 

開始し良好な関係を構築する事が出来ました。

 

これで三上は資金繰りからの悩みから解放され

 

本業である金属加工部品の生産・販売に

 

アクセルを踏み込める様になりました。

 

【解説】

 

如何でしたでしょうか?

 

資金が急遽必要になった2代目社長が初めて

 

銀行から融資を引き出す架空のストーリーを

 

「資金調達に強い」経営士 丸山が解説してきました。

 

ここで銀行から融資を引き出すステップをまとめておきます。

 

①会社に訪問して来る銀行の担当渉外に普段から会社の情報を出しておく。

 

②担当渉外を通じて、貸付担当役席にアポを取り挨拶をしておく。

 

③貸付担当役席と定期的に会う仕組を作る

 

 (事業計画書の説明とその進捗の報告の機会を作れば

 

 月1回、年12回は会える様になり関係性が構築される。

 

 またあなたの会社の格付けが上り、

 

 将来の融資がスムーズに通る。)

 

 

④複数の銀行と上記と同じ事を行う。 

 

 

如何でしょうか? ご自身でやれそうでしょうか?

 

 しかし、これは会社を永続させる事に責任のある社長の仕事です。

 

 面倒に感じますが、全てご自身で消化する必要もありません。

 

 例えば私の様な専門家の協力を得れば、事業計画書の作成支援

 

 月次実績報告の支援銀行同行支援を二人三脚で行えば

 

 掛けるエネルギーは20%程度です。

 

 資金調達の悩みから解放される活動を社長お1人で行うのも良いし

 

 私の様な専門家と組むのも手だと思います。

 

 どちらが早く理想の姿に辿り着くかは、社長であるあなたの

 

 判断となります。

 

○今日の問い

 

あなたには資金調達の悩みから解放される手立てはありますか?

 

今回もお読み頂きありがとうございます。

 

○ご意見、ご質問受け付けています。

 

日本キャッシュフローコーチ協会のオフィシャルサイトはこちら

「資金調達に強い」丸山は登録NO.122です

http://www.jcfca.com/

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経営革新等認定機関) 所長・非特定営利法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長に「ビジョン」の言語化と「キャッシュフロー経営」を用いて実現を後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。