会社経営継続のために多額の資金が

必要になった時あなたならどうしますか?

 

中小企業の若い2代目社長が

 

初めて銀行融資を受けるまでの

 

道のりをストーリー仕立てで

 

毎週月・水・金曜日に公開します。

 

内容はフィクションで実在する話ではありません。

 

*今回はストーリーに出て来る銀行と関係構築に使える

 プレゼントを用意してますので最後までお読み下さい。

 

貸付担当役席に初めての挨拶

 

静密金属加工会社を経営する2代目社長 三上隆(45歳)は

 

B信用金庫に3,000万円の融資を申し入れ、

 

担当行員の努力もあり何とか融資実行を成功させ

 

且つ元請けA社からも、次期燃料電池用の

 

金属パーツの受注にも成功しました。

しかし、今回のドタバタ融資劇を反省し担当行員とも相談し

 

融資のキーマンである貸付担当役席に挨拶に行く事になりました。

 

B信用金庫に到着し、担当行員から応接室に通され

 

貸付担当役席と名刺交換をしました。

 

名刺を頂くと肩書は「次長」です。

 

三上は今回の3,000万円の融資のお礼を言い、

 

その資金を使って元請けのA社経由で、

 

車の燃料電池に使用する金属パーツの生産に

 

必要な設備投資をする事を改めて説明をしました。

 

貸付担当役席は終始にこやかに聞いており、

 

最初の面談は思惑通りでした。

 

三上は「今後、時々役席のお顔を見に来たらご迷惑でしょうか?」

 

とのオファーに「いえいえ、お気軽に支店にお越しください」との言葉。

 

と言っても手ぶらで来るわけには行きません。

 

「今回の融資で弊社の業績がどの様に変化しているか定期的に

報告したいと思います。

 

つきまして今回を機に事業報告書を作成し、その進捗状況を

報告したいと思います。」

 

貸付担当役席は、「それは大いに結構ですね。

 

それなら次回は支店長にも同席してもらいますよ」

 

【解説】

ここまでの流れを「資金調達に強い」経営士 丸山が解説をします。

 

◎事業(経営)計画書を銀行に報告している中小企業は全体の5%以下です。

 

 社長の最大の仕事は「集金」「集人」「集客」です。

 

 とりわけ「集金」は事業を継続する上で極めて大事な仕事です。

 

 社員には出来ません。

 

 現在の銀行の置かれている状況からして、社長が事業計画書及び

 

 その進捗説明する行動に出ると銀行から高い評価が得られます。

 

 与信額が何倍にもなり、短プラ(優遇金利)で融資を受ける事も可能です。

 

如何でしたでしょうか?

 

冒頭にも書きましたが、銀行から高い評価が得られる

 

損益計画書」と「月次事業報告書」のエクセル版を

 

事例と計算式付で先着10名の方にプレゼントします。

 

銀行と戦略的に関係構築を行って、

 

有利に融資を受けられるようにしましょう!

 

申込方法は、画面上の「お問合せ」から

 

お名前・メールアドレス入力の上、

 

「損益計画書、月次事業報告書」希望とお書きの上、

 

ブログの感想なども添えて申込ください。

 

次回も銀行融資に必要な考え方や準備をお届けします。

 

お楽しみに!!

 

○今日の問い

 

あなたは会社を継続させるために行っている事は何ですか?

 

今回もお読み頂きありがとうございます。

 

○ご意見、ご質問受け付けています。

 

日本キャッシュフローコーチ協会のオフィシャルサイトはこちら

「資金調達に強い」丸山は登録NO.122です

http://www.jcfca.com/

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経営革新等認定機関) 所長・非特定営利法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長に「ビジョン」の言語化と「キャッシュフロー経営」を用いて実現を後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。