この11月4日(金)から、「小規模事業者持続化補助金」

 

の募集が開始しました。
この補助金は、「チラシ・ホームページ等制作」や

 

「広告や折り込みチラシ」等、販売促進に使えたり、
売上をもっと上げるための店舗改装に使えたりする、

 

とても使い勝手の良い補助金です。

この補助金の補助上限額は50万円

 

(賃金引き上げ・雇用増加・買い物弱者対策・海外展開への

 

取組を行う事業者については補助上限100万円)

 

と少額ですが、何と言っても使い勝手がいいので、

 

とてもお勧めの補助金です。

 

詳しい使い道の例を挙げると

 ・ 新商品を陳列するための棚の購入  

 ・ 店舗改装

 ・ 販売促進用チラシの作成・送付    

  ・ 新たな販促用チラシのポスティング

 ・ 新商品の開発          

 ・ 新商品の開発にあたって必要な図書の購入

 ・ 新たな販促品の調達・配布  

 ・ ネット販売システムの構築
 ・ 新たな販促用PR(マスコミ媒体での広告、ウェブサイトでの広告)

 ・ 国内外の展示会、見本市への出展、商談会への参加

 ・ 商品パッケージ(包装)のデザイン改良

 ・ 国内外での商品PRイベントの実施

 ・ ブランディングの専門家から新商品開発に向けた指導、助言

 ・ 新商品開発に伴う成分分析の依頼 等

 

この補助金の申請先は、商工会議所管轄地域の事業者については、

 

「日本商工会議所 小規模事業者持続化補助金 事務局」、

 

商工会管轄地域の事業社については

 

「都道府県商工会連合会 補助金地方事務局)」となっています。
ここで、注意していただきたいことは、

 

その前に、地元の商工会や商工会議所に申請書を提出して、

 

「事業支援計画書」をもらう必要があります。
今回の【小規模事業者持続化補助金】の締切は平成29年1月27日(金)ですので、

 

商工会・商工会議所への申込みは、

 

できるだけ1月20日(金)までに、

 

該当地域の商工会・商工会議所に、持ち込まれることをお勧めします。

 

一昨年から今年春にかけて、この【小規模事業者持続化補助金】を

 

もらった事業者が応募した場合、採択回数に応じて減点となります。
ということは、初めて応募する事業者の方が採択されやすいということです。
それでも、より採択される確率を高めたいと考えているのであれば、

 

この補助金を申請される場合は、周りの専門家に相談されることをお勧めします。

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経営革新等認定機関) 所長・非特定営利法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長に「ビジョン」の言語化と「キャッシュフロー経営」を用いて実現を後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。