成功のバイブルを知っていますか?

あなたは「七つの習慣」をご存知だろうか?
日本で300万部売れたベストセラー、スティーブンRコビー博士の
著書で成功には原則があると言うあの本です。

私も数年前に読んで感銘を受け、それ以来

我が家のバイブルとして 迷った時に読み返したりします。

今回から数回に分け人材マネージメント面において類似する

事例を 七つの習慣から紹介します。

「ガチョウと黄金の卵」

イソップ物語の中に「ガチョウと黄金の卵」の話があります。
これはある貧しい農夫が、ある日自分のガチョウが

黄金の卵を生んでいるのを 見つけます。

最初はいたづらかと思うのですが、市場へ持って行くと

本当に黄金の卵だった。 と言う話です。

この話はある教訓を示してくれています。

黄金の卵を手にいてた農夫は次第に豊かになって行きます。
しかし、黄金の卵を日に1個しか生まないガチョウに

苛立ちを感じる様になります。

そしてついに、農夫は沢山の黄金の卵を求めてガチョウの腹を

裂いてしまうのです。

そしてガチョウの腹の中には、何もありませんでした。

農夫は黄金の卵を生み出すガチョウを失って、

元の貧しい農夫に戻ってしまうのです。

P/PCバランス

コビー博士はこの事例を挙げ,

P(Performance)/PC(Performance Capability)のバランスが

重要である。

と教えてくれています。

Pは目標達成である黄金の卵で、PCは目標達成能力である

ガチョウであると例えています。

短期的な追及で黄金の卵にフォーカスしてガチョウを

失ったのですね。

逆にガチョウの世話する事ばかりにフォーカスして

黄金の卵に気付かなければ 自分もガチョウも

立ち行かなくなると言う事です。

如何でしたでしょうか?

今日の問いです。

あなたにとって P(Perfomance) 及び PC(Perfomance Capability)は何ですか?

○あなたのご意見・ご質問受け付けます。待ってます。

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経営革新等認定機関) 所長・非特定営利法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長に「ビジョン」の言語化と「キャッシュフロー経営」を用いて実現を後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。