社員のモチベーションで悩んでいませんか?

のみのジャンプ力

あなたはこの「のみのジャンプ力」と言う話を聞いた事があるでしょうか?

 

のみは体長1㎜程度だと思いますが、約1mジャンプする能力があると言われます。

 

人間に例えると、400mジャンプする事になるそうです。

 

すごい能力ですよね。

ある実験をした人がいて、のみを高さ30㎝ほどの水槽に入れて上にはガラスの蓋をします。

すると、のみは勢いよくジャンプするもののガラスに当たり落下する事になります。

これを放置しておくとどうなるでしょうか?

のみはやがて30㎝以上ジャンプしなくなるのです。

ガラスにぶつかり痛くて自分の能力をあえて下げてしまうのか、限界を感じ諦めてしまうのか

 

定かではありませんが・・・・

ここからが大事な話となります。

ではこののみが以前の1mジャンプが出来るようにするためには
どうしたら良いでしょうか?

 

少し、考えてみましょう。

 

??????????????

 

答えは、1mジャンプする群れに入れてやる事だそうです。

すると周りに感化されるのか、のみは次第に1mジャンプが出来る様になります。

 

この事例から何かお気づきでしょうか?

 

あなたの会社にも、へこんでいる社員いませんか?

なんか最近、業績が出ていない、遅刻が多い、ホウレンソウが少ない・・・・

 

入社当初は、意気往往としていた営業マンのA君がなんかモチベー

ションが下がっている。

 

仕事上で限界を感じているのか? 周りに馴染めないのか?

原因はいろいろですね。

でもこのまま放置をしておくと会社にも損失が生じますよね。

 

このA君の直接の上司があなたなら、まず彼の目をみましょう。

目は言葉以上に語るといいます。

そして、安全・安心・ポジティブな場を設定し彼の悩みを聞いてあ

げて一緒に解決策を考えてあげるという姿勢をとりましょう。

 

そして周りにも、協力してもらい声かけ、情報提供等のサポート、ノミニュケーションetc 出来る事を やってあげましょう。

 

そうすればA君は、以前と同じ能力を取り戻し成果を上げる事でしょう。

最初に書いた のみのジャンプ力と同じ話です。

組織に必要なのは全体の底上げです。

ですからへこんだ人材がいると感染し組織全体が
やる気の無い集団になっていまいます。

 

それでは手遅れですので、このA君の様な社員がいたら、いち早く気が付き手遅れになる前に手を打っておきましょう。

 

そのような目配り、気配りが出来る会社は繁栄しますね。

 

如何でしたでしょうか?

○あなたのご意見・ご質問受け付けます。待ってま~す。

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経営革新等認定機関) 所長・非特定営利法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長に「ビジョン」の言語化と「キャッシュフロー経営」を用いて実現を後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。