資金繰り超絶悪化・・・ 倒産寸前・・・
危険信号がともった中小企業向けV字回復の特効薬!

社長の皆さん!
「知らなかった」ではすまされません!

サポート実績100社以上!
「ドンブリ社長の社外No2」が教える!

「金策で困らない会社」に変革する公的支援の
上手な使い方

中小企業等経営強化法に基づく最新の
経営支援策を必要な人が必要な時に
すぐ実践できるよう実用性
再現性を重視して構成した
小さな会社の経営再建指南本の決定版!!

***

「資金繰りに困っている」

そんな悩みを持つ中小企業の経営者には
共通点があります。

それは、
「売上さえ上げれば会社は儲かる」

「事業計画を立てずに経営している」

(「計画を立てればキャッシュを増やせる」
ことはわかったいるのに! )

そんな状況のなか、
実際に『事業計画書』を作成し
実行しているのは中小企業の5%未満。

そして、どのような景気後退時でも
成果を出せるのが、この5%未満の会社です。

本書の第1章は
資金繰りの悩みから解放される最初の一歩。
この章を読んで『事業計画書』の本来の役割に気づき、
『事業計画書』を作成するノウハウを知れば、
そこから会社の未来が一気に変わります。

また、資金繰りに悩む中小企業を支援するため、
国はさまざまな支援策を用意しているのを
ご存じでしょうか。

中小企業経営者のほとんどは、
せっかくの支援策を上手に活用していません。

そこで本書の第2章~第5章では、
中小企業等経営強化法に基づく最新の
経営支援策の入手方法や事例を、
以下の3つのステージに応じて紹介します。

・創業から5年以内のスタートアップ期
・10年以内の成長期
・それ以上の成熟期

第6章では、
あらゆる中小企業にとって重要なのに、
つい見過ごされがちな「資金繰り表」に
フォーカス。

そして最終章では、
コロナ渦で注目されている
『事業再構築補助金』について、
事例をもとにわかりやすく解説しています。

必要な人が必要な時にすぐ実践できるように、
実用性を重視。

それが本書の最大の特徴であり、
経営力強化策の〝武器〟を確かに
手に入れていただくことが
本書の目指すところです。

本書を資金繰りの悩みから解放されるための
特効薬としてお役立てください!

2021/09/30出版となります。

在庫切れが予測されるために
予約先行開始しました。

下記より予約して確実に手にして下さい

https://www.amazon.co.jp/dp/4867340340/ref=cm_sw_r_fm_api_glt_i_GXS3CEK51WJK45R47Q6H?fbclid=IwAR1NJ6LtbA0GfHujE2F7DFdET97Juz0pyRz9hxH7_BCmlkMvutrnwhrNOIQ

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経産省認定 経営革新等認定機関) 所長 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長の「ビジョン」を言語化し経営数字で裏付けを行いビジョン実現の後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。