社長必見! 経営に大切な事をあます事なく公開します。
私の恩師でもある元船井総研TOPコンサルタントの柳生雄寛先生から
直接指導を受けた経営に大事な考え方を数回に渡りダイジェストで
お送ります。

 

決める先には「幸せ」と「成功」がある

 

前回まで経営者の仕事とは「決める事」と決めるには同時に
何かを「捨てる事」と書いて来ました。

ではなぜ「決める」のでしょうか?

 

それは決める先には「幸せ」と「成功」があるのです。

 

あなたは「幸せ」と「成功」どちらを選ぶか?

と聞かれたらどう答えますか?

 

感覚的に「成功」とは「幸せ」を犠牲にした上で

成り立つみたいな感じがしませんか?

 

私もそう感じていました。

しかし、よく考えてみましょう。

あなた起業した当時、あなたがやりたかった事業を起こせた時、

これはあなたの価値観が明確で、それを手に入れた状態といえるでしょう。

この状態が「幸せ」となります。

 

では、その事業が軌道に乗り、

あなたの価値観に共鳴した仲間が周りにいる状態となれたら

この状態が「成功」となります。

 

つまり「幸せ」の延長線上に「成功」があると言えるでしょう。

 

別々のものでは無く同じ線上にあるという事です。

 

次回は「価値」について書いてみます。

 

○今日の問い

あなたの幸せの先の成功は何ですか?

○あなたのご意見・ご質問受け付けます。待ってます。

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経営革新等認定機関) 所長・非特定営利法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長に「ビジョン」の言語化と「キャッシュフロー経営」を用いて実現を後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。