ビジョナリーカンパニーに学ぶ

ビジョンを描き零細企業から世界的な企業へ発展した成功例を

集めたジム・コリンズの著作「ビジョナリーカンパニー」を紹介します。

スタンフォード大学の教授でもあるコリンズが

助手と共に成功している企業とそうでない企業を膨大な文献・記事等を

徹底的に調査し、成功している企業には共通の原則がある事を

提唱したものです。

 

この本と出合った時の私は大変感銘し何度も読み返しました。

 

ビジョナリーカンパニーは4部構成からなっており、

 

今回から数回「時代を越える生存の原則」の中から

選りすぐった内容をご紹介します。

ビジョナリーカンパニー(先見性のある企業)の原則。

○ビジョナリーカンパニーの原則の一つ

「時を告げる預言者から,時計を造る設計者へと発想を転換しているか?」

時計を造る大切さ

 

もし世の中に時計が無く、預言者が現われ今日は○○年○月○日○時○分○秒です。

 

と告げたらどうでしょう?

一見便利かもしれません。

 

でもその預言者が世の中から居なくなったらどうなるでしょうか?

そうでは無く誰もが時を知りえる「時計」があった方が

世の中のためになります。

預言者をカリスマ経営者に変換してみましょう。

カリスマ経営者が常に経営方針を告げるのは良いのですが、

聞く方つまり従業員がそれに頼ってばかりでは

その会社の発展は無いでしょう。

(カリスマ経営者が悪いと短絡的に言っているのでは無いので

誤解しないでくださいね)

 

従業員一人一人が経営に参画する考え方を持っていたら、

その会社は成長する事でしょう。

 

今日の問いです。

 

あなたは時を刻む時計造りをしてますか?

○あなたのご意見・ご質問受け付けます。待ってます。

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経営革新等認定機関) 所長・非特定営利法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長に「ビジョン」の言語化と「キャッシュフロー経営」を用いて実現を後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。