経済産業省が公知、推奨している

「知的資産経営報告書」をご存知ですか?

それは自社の眠っている「知的資産」をたたき起こし、

その価値を作り、高め、広めるものです。

上手く活用して経営力の向上を目指しましょう!

 

あなたはもっと会社の経営力を向上させたいですか?

経済産業省が公知し推奨する

「知的資産経営報告書」がそれにあたります。

省庁が異なる金融庁も推奨しています。

どういうものかと言いますと、

B/S (バランスシート)に現れない知的資産をまとめて公開するものです。

最下段の表がそれです。

具体的に言いますと、例えば

技能、特許、ブランド、ネットワーク、はたまた

人材や経営理念など目に見えにくい経営資源を

自社の強味として、しっかりと把握し活用する事で

業績を向上させる事を目的にしています。

どの様に作り込むかと言いますと、

先ずは、しっかりと知的資産の「たな卸」をする事です。

注意する事は、「モレなく重複なく」です。

次に、それらを「まとめる」事です。

どの様な経緯でその知的資産を確立し

今後どの様に社会へ浸透させたいか?

ストーリー化しましよう。

そこまで完成すれば、後はどう使うか? です。

2通りあります。まずは社内へのマネジメントツールとして

事業継承・事業計画・社員教育・業務改善に応用できます。

社外への業績が上るコミュニケーションツールとしては

有利な融資交渉・取引先へのプレゼン・入社希望者へのメッセージ

仕入先や協力先への業務連携 等が考えられます。

経済産業省のサイトへの掲載可能となりますので(*注)

ちょっとした営業トークにもなります。

(注:掲載には支援団体が内容を認めた事が条件となります)

ここで、もう少し詳しく説明をします。

知的資産経営報告書を仕上げるのは、

その内容も詳細、多岐にわたるため枚数も多いです。

ですから価値は大きいですが、工数が必要です。

その事から、経済産業省の外郭団体である

(独法)中小機構が公知している

「事業価値を高める経営レポート」(再下段の表)は

知的資産経営報告書の簡易版となってます。(A3 1枚)

従業員20名以下の会社ならば、先ずはこの

「事業価値を高める経営レポート」作成からをお薦めします。

パワーポイントのフォーマットは、「事業価値を高める経営レポート」

検索でダウンロードできます。

私が所属する日本経営士協会は経済産業省の

知的資産経営報告書 支援団体です。

つまり、企業の知的資産経営を支援する立場にあり

日本経営士協会の経営士がサイト掲載までお手伝い可能です。

下記経済産業省のサイトにその実績は掲載されています。

http://www.meti.go.jp/policy/intellectual_assets/

日本経営士協会 首都圏支部では、業績向上に意欲ある企業に

知的資産経営報告書の作成支援を積極的に進めています。

首都圏支部役員として丸山も支援を致します。

そこで、知的資産経営の簡易版

「事業価値を高める経営レポート」を

ご希望する意欲ある企業への作成支援を致します。

沢山は出来ませんの、限定3社とさせT頂きます。

具体的な流れは下記です。

1.募集期間4月24日(月)から5月1日(月)17:00到着分

 (3社になり次第、締め切ります。 

  下記の流れまでは費用は無料です)

2.作成の流れミーティング
  (対面またはスカイプ、zoom)

3.作成されたものを丸山にメールで送信

4.丸山からフィードバック。

  その後は自社で展開頂くか、丸山と更なる応用を進めるか

  ご判断ください。

ご質問はお受けしますので、気兼ねなくお問合せ画面から質問してください。

フォーマット知的資産経営

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経営革新等認定機関) 所長・非特定営利法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長に「ビジョン」の言語化と「キャッシュフロー経営」を用いて実現を後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。