アベノミクス政策の一環で秋の大型補正予算

「中小企業等経営強化法」が施工されました。

これは中小企業の本業の稼ぐ力をサポートする施策です。

 

「経営力向上計画」を策定し、国の補助を受け本業の発展に貢献しましょう。

 

経営力向上計画を策定する過程を、架空の会社を想定して

 

申請するまでの工程を毎週月・水・金に公開します。

 

きっとあなたも自分事の様に経営力向上計画に

 

チャレンジ出来る様になりますよ。

 

前回のあらすじ

 

北野晴彦(48歳)は、神奈川県の基板実装部品メーカーの2代目社長だ。

 

創業社長である父親から3年前に会社を承継した。

 

今では従業員40名を雇用し、受注量も毎年上向きである。

 

最近のお困り事は、得意先からの基板サイズが複雑化且つ

 

小型化する傾向で自社の現状の設備で対応する事に限界を感じ始めていた。

 

そこで3本の生産ライン中、1本の設備を入れ替え、最新の基板仕様でも

 

効率良く生産出来る様にコンサルタントと共に「経営力向上計画」を

 

申請し金融機関から借入する事を決断した。

 

現状認識

 

北野と幹部社員及び顧問コンサルタントの3者で「経営力向上計画」

 

認定獲得プロジェクトを社内で立ち上げる事で合意した。

 

プロジェクトリーダーは社長の北野。

 

サブリーダーは製造部長と経理部長。

 

ファシリテータは顧問コンサルタント。

 

プロジェクト会議は月/2回で第2、第4 水曜日の17:00から2時間。

 

終了後、延長戦を行う。

(延長戦とは懇親会の事であるが、ただの飲み会でなく、

文字通り会議の延長をお酒を交え、ざっくばらんに行う事だ)

 

第1回目は「現状認識について方向性を会わせる」です。

 

社長、製造、経理部長が立場の違う視点で現状の認識を話し合う場だ。

 

違う視点で課題が出されるため、気づかない盲点が潰し込まれ

 

事前に策が取れるのである。

 

今回は現状の設備メーカー以外に2社ほど話を聞いて、

 

より自社にあった設備導入をする方針を固めた。

 

この事により、製造部長は生産性をより高める事が出来、

 

経理部長は必要な投資資金額が見積れるのである。

 

第2回目は「設備メーカーからの情報収集結果」だ。

 

既存の設備メーカー以外に2社から話を聞いた製造部長は

 

資料を使い説明を開始した。

 

「今回話を聞いた3社中、新規のA社が最も優れている事が分かりました。

 

 当社が扱う最新の基板実装仕様にミートしており、且つ投資額も一番抑えらる

 

 と言う内容でした。これなら単位時間当たりの生産量はその実装スピードと

 

 チョコ停防止から現状の+5%は軽くクリアできます。」

 

経理部長からは

 

 「A社の概算見積りでは設備投資額は2,000万円です。

 

  5%の生産性向上が実現出来、生産量が一定ならば10年以内で

 

  借入返済計画が立てられます。」

 

社長から

 

 「了解しました。ではお二人の話を総括して現状の課題に対して

 

  解決策と実行計画を次回立てましょう」

 

コンサルタントから

 「現状の認識が進みましたね。 経営力向上計画には各省庁が定める

 

  事業分野別指針(注)に定めれた指標を使って記載する必要があります。

 

       製造業の場合、①売上高経常利益率 ②労働生産性 ③付加価値額 の

 

  いずれか一つを選択し、省庁に提出する計画書に記載する必要が

 

       ありますので社内の実行計画書にも織り込む様にしましょう。

 

  また次回は、もう少し深堀して気づかない盲点が無いかどうか検証しましょう。

 

  顧客や市場動向からこの設備は本当に長期に使用に耐えるものなのか?

 

  その根拠は? また出来るだけ同業(競合)の動向も注視しましょう。」

 

さぁ 如何でしたでしょうか?
経営力向上計画の中身に入って来ました。

 

これから申請をするまでストーリーが続きます。

 

 (注)経済産業省発行 「事業分野別指針の概要について」

 

★本日の問い

 

○あなたは経営者として決断をする時に計画を立てていますか?

 

★プレゼント

 

中小企業庁のHPからもダウンロード出来ますが、

経営力向上計画の「申請の流れPDF」「申請時のチェックシート エクセル」

「申請書 ワード」を先着10名の方に送信します。

 

この資料を見ながら、ブログを読んで頂けると効果的ですね。

 

★日本キャッシュフローコーチ協会のオフィシャルサイトはこちら

(埼玉県をクリックすると丸山一樹がいます)

http://www.jcfca.com/

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経営革新等認定機関) 所長・非特定営利法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長に「ビジョン」の言語化と「キャッシュフロー経営」を用いて実現を後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。