社長の『社外NO2』役割を

新入社員の給料以下で価値提供する!

キャッシュフローコーチ®の丸山です。

令和3年国の超大型補助金である

「事業再構築補助金」

関心高い方が多いと思います。

第1回の公募締切は4月30日でしたが、

ネット回線がパンクし、結局5月7日まで

延長されました。

このような現象は初めて聞きましたよ。

 

第2回は本日26日申請受付開始!

 

受付システムのGbiz が申請受付開始されます。

締切は7月2日です。

先日の情報では7月上旬でしたので、

7月10日頃と思ってましたが、

頭に締め切られるので、実質 1ヶ月しかありません。

経産大臣認定 経営革新等支援機関である弊所では

第1回の公募に3件の事業計画書の策定支援をしました。

はっきり言いまして、

本当に『1ヶ月しかありません。』

とう言う表現が正しいです。

もし、申請をお考えの方で「1ヶ月もある」

とお思いの方! それは「危険」です。

と言いますのも、

1. Gbizアカウントを取得する(2週間くらい)

2. 申請の要件整理

3. プレ事業計画書作成(1週間)

4. 本番事業計画書作成・チェック(2週間)

5. 申請用資料収集(決算書等やローカルベンチマーク作成 1週間)

6. Gbizアカウントで電子申請(3日間 )

*入力規則を間違うと次ページに進めず結構悩みます。

本業をやりながらですから、

申請までの道のりは決して

簡単ではありません。

しかし、この道のりを乗り越えると、

ワクワクした事業計画書が出来上がり、

採択されると、2/3 上限6,000万円までの

補助が出るのも魅力ですね。

正に、

『 NO PAIN  NO GAIN 』

『虎穴に入らずんば虎子を得ず』

です。

第2回の申請にチャレンジして

新規ビジネスを年内に開始したい方!

弊所と一緒に虎穴に入りましょう!!

また、キャッフローコーチ®でもある丸山は

事業計画書で必須である数値化計画も

「エイ・ヤー」でなく

「お金のブロックパズル」効率よく、納得して決められます。

丸山未来経営研究所は経営革新等支援機関の

コミュティ「経営革新先駆会」の登録会員で、

会で作り込まれた事業再構築補助金申請専用の

「事業計画書」のフォーマットを保有しており

公募開始前から会での勉強会、トレーニングを

して来ました。

 

また、丸山未来経営研究所の

『キャッシュフロー経営導入コーチング』

フルコースを契約の方には、

なんと! 完全無料でご支援しています。

事業再構築補助金申請のみの事業者にも

驚くような報酬で支援しています。

(巷にいる申請業者に必ずある“成功報酬”

は頂いておりません。)

申請にチャレンジしたい方はコチラからニュースレターを

ダウンロードしてお読みください。

(誰でも申請出来るわけではありませんので、

書かれている要件をよくお読みください。

要件OKの方は、zoomミーテイングの希望日時を

pdfで送付お願いします。

30~40分程度のミーテイングで方針を決めます)

https://04auto.biz/brd/miraikeiei/001-x5UKhv.download

 

*********************編集後記************************

お金のブロックパズルを使えば、会社のお金の流れの
全体像がつかめます。

是非経営にこの習慣を取り入れてみて下さい。
新しい世界観が目の前に現れます。

お金のブロックパズルを学びたい方は、最下段にある
「お金のブロックパズル 無料メールセミナー」に登録して
作り方を学んでくださいね。

また、キャッシュフローコーチⓇの丸山から

直接学びたい方は

「脱★ドンブリ経営実践ZOOM無料勉強会」参加ください。

随時開催してますので、日時は下記ページで確認してください。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/8kdl2

ZOOMはオンライン会議室です。

インターネット環境さえあれば会社、自宅どこでも参加できます。

【参加特典】

1.希望される方には5,000円相当の勉強会で使う資料もプレゼントします

2.損益計算書か数字を抜き出して入力するだけでCFが自動計算できる
お金のブロックパズルエクセルフォーム

3.決算書から3つの数字を入力するだけで自己資本比率・ROA
が自動計算できるお金のブロックパズルエクセルフォーム

4.勉強会で学んだ事を自社の経営に置き換えてアウトプットする
無料キャッシフローコーチング60分付き(希望者の

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経産省認定 経営革新等認定機関) 所長 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長の「ビジョン」を言語化し経営数字で裏付けを行いビジョン実現の後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。