『社員にお金の勉強をさせて業績アップをしたい』

『社員に経営者感覚を見に付けさせたい』

『経営数字を公開し全員参加型経営にシフトしたい。』

こんな想いを漠然とお持ちの社長さんは
以外に多いんです。

でも世の中にある会社のお金の勉強と言えば
難しい会計や財務諸表を読み解くものばかり。

一般社員は3日で見事に忘れます。

そうなんです。

お金の勉強=会計 だけではないんです。
これは経理マンが学ぶべきものです。

社長や後継者が学ぶべきお金の話=
経営判断ができるお金の話

社員が学ぶべきお金の話=
ビジネス判断ができるお金の話

です。

では社員はどうしたらそのようなお金の話を
学べるでしょうか?

 

社員は会計を学ぶ前に家計を学べ!

こんにちは

社長の『社外取締役』(社外役員)の役割を
新入社員の給料以下で価値提供する!

キャッシュフローコーチⓇの丸山一樹です。

社員に会社のお金の流れを理解させるには、
難しい勉強はかえって消化不良にさせるだけです。

それには「自分毎」にする事です。
社員の一番の関心毎は「給料」です。

なぜならば給料は家計に
直結するからですね。

ですから社員は会計を学ぶ前に家計を学んで
その上で会計を学ぶ必要があるんです。

で、私がクライアント先の社員に行っている研修
「社員向けお金の授業」をzoomで一般にも致します。

(zoomとはオンラインテレビ会議室です。
インターネット環境さえれば自宅・会社でも参加できます。)

なぜ、zoomで研修をするかと言うと、

コロナ禍でリモートワークが定着したから

勿論、緊急事態宣が解除されたので
少人数ならば、直接リアルでも致します。

それと、100年に一度の大不況ともいえる
コロナ禍で、今だからこそ

社員の結束力や能力向上が必要!

と気づいた経営者もいると思います。

それには社員に

「経営者感覚を持ってもらう経営数字の勉強」

が極めて有効です。

と言っても難しい話はしません。

それはキャッシュフローコーチの持つ
お金のブロックパズルを使って
判りやすく、楽しく、主体性を発揮する

社員向け「お金の授業」です。

核となる部分とは

「家計のブロックパズル」

「会社のブロックパズル」

です。

これは新入社員から一般社員までを対象としています

あなたの会社の社員が次の様に変容・進化したら
うれしいと思いませんか?

もちろん、経営幹部向けの一段上の内容も
用意してあります。

丸山は「研修講師」ではありませんので、
その辺の研修費用の相場は分かりませんが、

「えっ!」と思うような価格設定となっていますので
ご興味ある経営者の方は下記詳細案内のURLを
ご覧下さい。

 

ではzoomを通してあなたとお会いできる事を
楽しみにしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

社員向け「お金の授業」

~会計を学ぶ前に家計を学べ~

会場: zoom (オンライン)会議室

【対象の方】

社員にお金の勉強をさせたい社長
会社のお金の研修があったらいいなと思う幹部社員

 

詳細案内ページはコチラから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/eh6it

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経産省認定 経営革新等認定機関) 所長 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長の「ビジョン」を言語化し経営数字で裏付けを行いビジョン実現の後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。