社長の『社外取締役』(社外役員)役割を

新入社員の給料程度で価値提供する!

キャッシュフローコーチ®の丸山です。

コロナの影響が現実的に「倒産」と言う形で
露呈しています。

これは「踊る大捜査線 レインボーブリッジを封鎖せよ」
と同じく緊急対策が必要です。

実際に倒産した会社は旅館業・観光・クルーズ船運航会社等の
人に関する業種ですが、今後は様々な業種に飛び火する可能性が
あります。

「お金のブロックパズル」を使って緊急対策の方向性を
見ていきましょう。

 

黒字決算でも資金ショートすれば倒産します

今回の経済危機の規模は、2008年のリーマンショックと
比較されますが、特徴が違うようです。

リーマンショック=金融危機=大企業が先に影響を受ける

コロナショック =実態経済=中小企業が先に影響を受ける

と言う構図です。

リーマンショック時、大企業は、派遣切りを大規模にやり
人件費をカットし、資金も潤沢なので倒産する会社はあまり
記憶になかったと思います。

しかし、中小企業にその手は通じません。

本来ならば、経営力を向上させる手法を使いますが
そんな悠長な事を言っている時間はありませんので、
もし、今後の短期資金に不安がある方は、参考にしてみて下さい。

お金のブロックパズルで利益から先の
キャッシュフローを描く

冒頭の図をご覧ください。

年度変わりで、ちょうど決算月の会社が多数あると思います。

利益は5出ていて税金を支払い当期利益は3出ています。

ここで「今期も利益が出て良かった」と喜んでいると
思わぬ落とし穴にはまるかもしれません。

本業のCFが6と一見良いですが、返済が10あります。

するとキャッシュフロー経営的には4の赤字となります。

これは現預金が減る事になります。

現預金で当面返済できればいいですが、コロナの影響で
毎月のキャッシュフローが今後も悪化すると、
いわゆる「資金繰り」が厳しくなります。

ですからそうなる前に手を打つ必要があります。

赤字でも倒産するとは限らない
キャッシュフローが生命線

いつものブログならば、「売上」を数%増やし、変動費を数%減らし
粗利を数%上げる事でキャッシュフローを劇的に改善させる事例を
挙げますが、今回は「今すぐできる事」をお金のブロックパズルで
描きます。

下図をご覧ください。

冒頭の図に「今すぐできる2つの事」をやったシュミレーションです。

 

冒頭の図は放置しておくと、キャッシュフロー経営的に赤字で
現預金が減るパターンです。

下図は利益から先のキャッシュの出を抑える事例です。

先ず税金です。

国税庁は、「新型コロナウイルス感染症」の影響を受けた人や法人に対して
原則1年間の納税猶予について柔軟に対応すると発表しました。

税金を払えない場合に放置すると延滞税が発生しますので、
早めに相談することが大切です。

(下記記事から引用)

https://zeimo.jp/article/29611

すると図の税金2が当面運転資金に回されます。

本業のCFは6から8へと増えます。

返済の原資が増えました。

ここで返済10の内20%を猶予してもらう(リスケ)を
金融機関に申し入れます。

すると2をリスケしますから、返済は8です。
これで最終のキャッシュフローはゼロとなり、出血は止まります。

更に、取引金融機関や政府系金融機関(政策金融公庫)でコロナ対策融資が
日々発表されているので、固定費×数ヶ月分の運転資金を『短期融資』
借りておけば、1年間は返済の必要はありません。

世の中的に問題が大きくなっているので、「売上が減少している、予想される」
「資金繰りに不安を感じている」社長は、自社のお金のブロックパズルを
描いてみてから、関係機関に相談される事をお薦めします。

★緊急対策支援を発動★

先着5社・期間限定(コロナ終息まで)
『脱★ドンブリ勘定 資金繰りマスター講座』を
zoomで開催します。

興味ある方は下記URLをご覧ください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/dh4x9

 

*********************編集後記************************

お金のブロックパズルを使えば、会社のお金の流れの全体像がつかめます。
是非経営にこの習慣を取り入れてみて下さい。

新しい世界観が目の前に現れます。

お金のブロックパズルを学びたい方は、最下段にある
「お金のブロックパズル 無料メールセミナー」に登録して
作り方を学んでくださいね。

また、早くキャッシュフローコーチⓇの丸山から直接学びたい方は
「脱★ドンブリ経営実践ZOOM無料勉強会」参加ください。
随時開催してますので、日時は下記ページで確認してください。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/8kdl2

ZOOMはオンライン会議室です。
インターネット環境さえあれば会社、自宅どこでも参加できます。

【参加特典】

1.希望される方には5,000円相当の勉強会で使う資料もプレゼントします

2.損益計算書か数字を抜き出して入力するだけでCFが自動計算できる
お金のブロックパズルエクセルフォーム

3.決算書から3つの数字を入力するだけで自己資本比率・ROAが
自動計算できるお金のブロックパズルエクセルフォーム

4.勉強会で学んだ事を自社の経営に置き換えてアウトプットする
無料キャッシフローコーチング1時間付き(希望者のみ)

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経産省認定 経営革新等認定機関) 所長 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長の「ビジョン」を言語化し経営数字で裏付けを行いビジョン実現の後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。