社長必見!

私の恩師でもある元船井総研TOPコンサルタントの柳生雄寛先生から

直接指導を受けた経営に大切な考え方を数回に渡りダイジェストで

お送ります。

 

成功の方程式

京セラの稲森会長が著書で成果のでる方程式は

 

成果=考え方×熱意×能力

 

と教えを紹介しています。

 

これが3拍子そろって初めて成果が出ると言う事です。

 

熱意と能力は0以上ですが、考え方はマイナスの領域があるのです。

例えば、この様な事例はどうでしょうか?

あるプログラマーは自分のプログラムで「世界を変える」事に

熱意を持っており、能力も抜群に凄腕である。

しかし「考え方」が米国国防省にハッキングする。

であったなら…

 

成果は出るおろか、後に手が回りますよね。

 

極端な例かもしれませんが「考え方」を一番の軸にするのが大切なのです。

 

成功の3条件

 

次に船井総研を創設した故船井幸雄氏の残した言葉です。

 

1.素直
2.勉強好き
3.プラス発想

 

どういう事でしょう?

 

素直は言われた事を、その通りするのが素直と考えがちですが
ちょっと違って「肯定も否定もせず、相手の価値観を

 

そのまま認める事です」

 

故 松下幸之助氏も訪ねて来る人の話は熱心にうなずき聞いたそうです。
「ほぉー そりゃええでんなぁ」

しかし 殆どその通りにはしなかったそうです。

 

勉強好きは、何に対しても好奇心を持ち、気づく力を養う事です。
この感覚を磨くには、何に対しても「なぜ なぜ」を

繰り返すと良いそうです。

 

プラス発想は、現状を肯定する事。

過去はALL膳と言う考え方です。

過去に起きた間違い、失敗も今を成す事に必要な出来事であった。

と言う考えです。

 

私も過去、大きな失敗をし当時は落ち込む時がありましたが、

この考えを知ってから今あるのはそのおかげと思える様になりました。

 

つまり過去の「事実」は変えられませんが、

「解釈」は書き換えられると言う事です。

 

如何でしたでしょうか?

○今日の問い

あなたの成功のキーワードは何ですか?

○あなたのご意見・ご質問受け付けます。

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経営革新等認定機関) 所長・非特定営利法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長に「ビジョン」の言語化と「キャッシュフロー経営」を用いて実現を後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。