あなたには心が奮い立つようなビジョンを語れますか?

もし忘れかけているなら一緒にワクワクした頃を思い出し

ビジョナリープランを再構築しませんか?

 

これから創業される方にも参考になると思います。

 

医療分野に最先端の技術を導入する事を夢見て

 

起業したリストラ技術者がビジョナリープランを

 

胸に抱き成功する物語を毎週月・水・金曜日にお届けます。

 

内容はフィクションであり実在する団体・個人とは一切関係ありません。

前回までのあらすじ

 

北林健二(45歳)は大手家電メーカーの研究員であったが

 

同僚と事業会社を立ち上げる事を決意したのである。

 

経営コンサルタントと共に事業計画書を作成し

 

日本政策金融公庫の新創業融資を申請し

 

3,000万円(内運転資金1,500万円)の融資が下りたが

 

その資金も月を追うごとに目減りし、プロトタイプ完成目前で、

 

何とも言えない脱力感や不安感に襲われ、

 

先が見えないモヤモヤ感になすすべが無かった。

 

開業時に融資の支援を依頼したコンサルタントに

 

藁尾もすがる想いで相談し、起業した時の原点である

 

「カンパニースピリッツ」「ビジョン」そして「ミッション」を

 

ビジョナリープラン」として、まとめる事になる。

 

この事により明日からの行動が明確になり

 

キャッシュフロー計画も備え、ビジョンとお金の両輪経営である

 

「キャッシュフロー経営」がスタートした。

 

ビジョナリープランと共に行動する

 

わが社の「ビジョン」と「ミッション」を言語化し、

 

数値計画として明確にした社長の北林は、それに基づく

 

目的・目標・行動計画も他創業メンバー2人と作り込んだ。

 

今迄の不安感が嘘のように無くなり、3人でのミーティングは

 

いつも楽しく、ワクワクしながら予想もしなかった

 

アィディアが爆発するのであった。

 

それは「ビジョナリープラン」で共通言語を明確にしたからである。

 

「ビジョナリープラン」に基づき、社長の北野他2名の

 

ビジョン実現のための「6ヶ月 アクションプラン」も作成した。

 

これは立場の違う3人が、ビジョン実現のために何を、何時までに

 

やるかを1枚で俯瞰して見れる表である。

 

この「アクションプラン」を3人で毎週月曜日の朝一で発表しあう事で

 

個々の意識の高揚や責任感が加速し、行動に結び付くのであった。

 

解説

キャッシュフローコーチⓇが実際のクライアントに提供し

 

共に成長する「キャッシュフロー経営」の一例をあげました。

 

「キャッシュフロー経営」は「ビジョン」と「お金」の両輪経営です。

 

ですから、どちらか片方だけでも経営は上手く行かないと我々は考えます。

 

「キャッシュフロー経営」の枠組みは大きく下記の3つです。

 

①「ビジョナリープラン」(理想の状態を明確にする)

 

②「キャッシュフロー計画表」(理想の状態を数値に置き換える)

 

③「アクションプラン」 (理想の状態を実現するための行動計画)

 

この3っを作り込み、従業員への浸透と毎月のP.D.C.Aサイクルを

 

回す事を行えば、理想の状態が実現しない方が難しくなります。

 

如何でしたでしょうか?

 

★プレゼント★

 

毎号お読み頂きありがとうございます。

キャッシュフローコーチが実際のクライアントに使用する

「ビジョナリープラン」の書き込み用紙pdf版を先着10名の方に

プレセントします。

 

ご希望の方は、「お問合せ」から「ビジョナリープラン希望」と

お申し込みください。

 

★日本キャッシュフローコーチ協会のオフィシャルサイトはこちら

(埼玉県をクリックすると丸山一樹がいます)

http://www.jcfca.com/

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経営革新等認定機関) 所長・非特定営利法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長に「ビジョン」の言語化と「キャッシュフロー経営」を用いて実現を後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。