社長必見!
私の恩師でもある元船井総研TOPコンサルタントの柳生雄寛先生から
直接指導を受けた経営に大切な考え方を数回に渡りダイジェストで
お送ります。

 

商品価値(バリューメイク)

 

経営者の仕事は「決める事」で、決める前には何かに

「気づく」事が 大切であると以前のブログで書きました。

 

また気づくは、あなたの価値観です。

 

価値は「言葉」で表される。

 

ですから言葉に表せないものは一切「価値」が無いとも

ご紹介致しました。

 

今回は価値の中で、一番大切な「商品価値」について

ご説明します。

 

あなたの商品の価値は何ですか?

価値を高め、価値を生み出し、価値を伝えていますか?

 

仮にあなたの商品がハンバーグ ステーキだとします。
その価値をメニュー、のぼり、POPにどう伝えますか?

 

肉汁たっぷり、ジュージュー音がします、神戸牛100%、
ふんわりチーズはいってます、ジャンボサイズ300g、
焼き方選べます、カロリー50%OFF、オリジナルデミグラスソース

 

この様にハンバーグステーキの価値を言葉化出来ます。

この言葉を生み出すのには、4つのキーワードに当てはめて
考えれば、モレなく生み出す事が出来るのです。

 

それは
・本来的機能価値
・付加的機能価値
・本来的デザイン価値
・付加的デザイン価値

です。

 

これではわかりにくいので、ハンバーグ ステーキの事例に
各々、核となる言葉を当てはめてみます。

 

・本来的機能価値     ・付加的機能価値

美味しい事                                食べやすい事


 

・本来的デザイン価値         ・付加的デザイン価値

ヘルシーである事                   見映えが良い事

 

核となる言葉  価値の事例

美味しい事=(肉汁たっぷり)
食べやすい事=(焼き方選べます)
ヘルシーである事=(カロリー50%OFF)
見映えが良い事=(ジャンボサイズ300g)

 

この様にあなたの商品の価値を4つに分解し、核となる事を決め
そこから価値のある言葉を生み出し、高め、のぼりやPOPで

伝えてみてください

必ず効果が表れます。

如何でしたでしょうか?

○今日の問い

あなたの商品の価値は何ですか?

○あなたのご意見・ご質問受け付けます。

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
丸山未来経営研究所(経営革新等認定機関) 所長・非特定営利法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 /大手自動車部品メーカーを経て独立。中小企業の社長に「ビジョン」の言語化と「キャッシュフロー経営」を用いて実現を後押しする。
社長の「社外NO2」の役割を新入社員の給料以下の報酬で意思決定に関わるキャッシュフローコーチⓇとして活動中。